不動産売却コンサルティング事例紹介/東京

不動産売却コンサルティングを行った東京都内のごく一般的な事例と、少し変わった事例を紹介します。 当社が行う売却は殆ど 『3ヶ月以内に成約』 します。しかし、ここの事例は特徴あるものも多いですが、殆ど2か月以内に佐々木が成約させています。
「どうして売却に成功できるのか?」  ご参考にしてください。

 

不動産売却コンサルティング
90日で売れるしかけ。本気の売却実践事例

不動産を売るファイナンシャルプランナー CFP として
私一人で、債権者と対峙しました。
この一戸建は注意事項と不安材料が
“ある” のではなく、“あり過ぎる!”
しかし、債権者も価格には当然キビシイ。
もし、これがダメだというなら・・・・・


不動産を売るには、折込チラシやインターネット等広告で告知したり、現地販売会などの活動を行う。

それが一般的に知られる売却方法
実は “世間の常識” と違った・・・・・


地方の不動産 番外編 2
訪れたのは大阪。やはり一日出張で調査を行い成約させたい! 全大阪の地図はもう買った。が、ライバル物件は結構多く、 希望者を探すのは簡単ではなかった。
そこで考えたアイディアは・・・・・


地方の不動産を扱った番外編。
場所は京都。たった一日出張で、現地確認と調査を行い、何としても成約させたい!
しかし地図も持っていない遠隔地の不動産を、一体どうやって売ればよいのか?
私がとった意外な方法は・・・・・


買換えでは「先に売るか?先に買うか?」 を決める必要がありますし、 購入希望者を見つけるにもポイントがあります。

多くのことが必要ですが、ここでは
「満額で成約」 が実現しました。


土地や一戸建の売却は、権利関係など注意するポイントが いろいろ あります。
今回はちょっと小ぶりで年季物。
この 内覧と調査 をしに向かいましたが、
現地到着後の第一声は 「えーっ?」
目の前に現れたのは・・・・・


こんなに緑が多く静かな環境であれば住みたい方は多いでしょう。

例え築年数が古くても、良い物件と感じる物が時々あります。
しかしその反面、一部にインチキして・・・


大規模修繕済みで綺麗ですが“既に築40年以上経過したマンション” 。早速調査を開始すると都市計画法、建築基準法上では・・・・・
しかし、重要ポイントは都市計画とは“他のところにあった” のです。


不動産調査を始める時、ゼンリンや、ブルーマップなどの住宅地図で対象地を特定し、現場に行くのが通常です。

「道路も広そうだし、角地なら問題なさそうだ」 ・・・・・


借地権の売却は、所有権と違いやるべきこと、課題が多いです。

4LDKの間取りを新築するなら敷地は40坪程必要な住宅地域。この場所で多くの課題をクリアしても・・・・・


今回売主の事情で“やるべき事”ができず「現況での売却」が決定していました。

しかも地籍測量図、建物図面などの資料はなく、手に入るのは登記簿と公図だけ。 これで高く売却する・・・・・


しかしこの売却する区分所有マンションは、少し変わった特徴があります。

通常、各区分所有者ごとに賃借人募集をしたりと、色々と知恵を絞り工夫をしますが、ここは・・・・・


都内マンション売却の調査事例。
マンションは一戸建てと比べて、安易に考える方もいるかもしれませんが、「詳細に調査しないとダメなマンション」があります。室内は残地物が多少ある程度で特に気になる点はありませんでした。しかし、マンション敷地を確認すると・・・・・


相続不動産の売却事例。
「手取りが多くなる」売却方法は何か?今回は相続コンサルティングとサポートから行いました。調査を行い、不動産売却を見越した事前対策も行い、有利に売却できる準備は既に整っていました。


今後使用しなくなる木造2階建の不動産売却コンサルティングをする事となりました。
この手の売却は私の得意分野。ですから売却活動を始め買手はスムーズにみつけることができました。ところが、この物件は売却するにあたり気になる点が2つあったのです。



     

不動産を売却して現金化するへ戻る        相続不動産売却  個別相談            ホームへ戻る                       不動産売却される方 募集