生前贈与の税金対策は上手に活用

    不動産(土地 建物)や現金の生前贈与。
    ファイナンシャルプランナー CFP 贈与相談 と サポート /東京渋谷


 注意。生前贈与 贈与税は使い方が重要です。


生前贈与を使って資金援助や相続対策をする。
時間があればできることも多くあります。
「贈与された方は喜び、こっちは税金が安くなる」などメリットもあります。


しかし、良い事ばかりではありません。
贈与税は税率も高いため、ちゃんと理解して使う必要があります。
簡単に考え、「使い方を間違えてしまった」ばかりに
デメリットが多くなってしまったケースもあるのです。


  


例えばこの様な事があります。

 銀行口座に現金贈与してたが贈与が認められなかった。
 相続直前の対策で失敗。相続税対象となった。
 贈与で税金は安くできたが土地活用ができなくなった。
 贈与税節税に成功。しかし相続税は逆に高くなり税金は増えた。


 一体、どうしてこうなるのか?  


やはり、生前贈与 贈与税もポイントがあるのです。


基本的なことですが、
贈与税は、「相続税の補完税」 とされているのをご存知でしょうか? 


贈与税は “一税法二税目” といって、相続税法の中の規定 なのです。 
「贈与すれば相続税は関係ない」のではなく、相続税に影響することが前提であるため、その点を含めて対策する必要があります。


また、そもそも贈与は、「当事者双方の合意で成立する 契約」です。
そこで「贈与の事実をちゃんと残すこと」もポイントの一つとなります。


よくありがちな失敗とは・・・・・
◎現金贈与の場合、子の銀行口座に何年も贈与税基礎控除以下で入金していたとしましょう。しかし、贈与者本人が入出金できるなら名義預金ですから贈与が成立したとは、とても言えないでしょう。

◎贈与契約書を作成するにも注意するポイントがあります。
例えば5年前に土地を贈与し契約書に日付が記されていても、登記もなければ5年前作成した契約書か?さっき急いで作成した契約書か?誰にもわかりません。
「5年前の書類という証拠は?」と聞かれたらどう証明しますか?

こんな事にならないよう、ちゃんと対策したほうが「お得」でしょう。
(土地など不動産贈与は、贈与額計算のため財産評価も必要です。)


  どうすれば、生前贈与の事実を確実に残せるか?
  贈与税、相続税の両方を考えた生前贈与のメリットある具体策は?
  子供の遺産分割が心配。将来のために贈与して安心したい!
  不動産の名義を子供に移そうか?と考えている
  住宅購入資金を子に贈与しようと考えている方・・・など



  

生前贈与を
  ・“自らの知識” で行い心配を抱えるか? それとも
  ・お金の専門家のサポートで “節税も理解” して得をするか?


今しっかり対策すると、将来の不安がなくなるとしたら・・・・・
生前贈与で 「ムダな失敗をしないため」 にご相談ください。



  生前贈与 FPコンサルティング料金 

  *贈与相談と手続きサポート
       財産評価の有無、ケースで金額は変わります。
       評価がなければ5万円程度です。

 


  ファイナンシャルプランナー FP に電話でちょっと相談 

電話でちょっと相談したい方。初回電話相談は無料です。(15分程度)
初めての方も相続・不動産の相談できます [詳しくはこちら]


   

相続時精算課税制度に注意へ

相続前の対策へ戻る                     相続手続きと相続対策へ
ホームへ戻る                           △ページトップへ戻る